タイトルイメージ 本文へジャンプ
トップ  防火基準適合表示制度

1 制度の目的

不特定多数の者を収容する防火対象物における関係者の防火管理等に対する認識を高め、利用者等に対して防火に関する法令適合性等の情報を提供し、利用者等の選択を通じて防火安全体制の確立を促すための表示制度です。

※不特定多数の者を収容する防火対象物:消防法第17条の2の5第2項第4号に規定する特定防火対象物
  収容人員が30名以上で3階建て以上の旅館・ホテル等が対象となります。



2 制度の概要

表示の対象となる防火対象物の関係者からの申請に基づき、消防機関が審査し、消防法令のほか、重要な建築構造等に関する審査の基準に適合していると認められた建物に対して、消防機関から表示マークを交付する制度です。





表示マークを交付した対象物 管内3対象物(平成27年10月1日現在)

黒部市
 対象物名 所在地 表示開始日   表示マークの種類
ホテルアクア黒部 黒部市天神新353-1  平成26年10月1日
宇奈月国際ホテル 黒部市宇奈月温泉7-26 平成26年10月1日

朝日町
 対象物名 所在地 表示開始日   表示マークの種類
小川温泉元湯 下新川郡朝日町山崎湯ノ瀬1  平成26年10月1日  銀

審査により表示基準に適合していると認められた場合、「表示マーク(銀色)」(1年間有効)を、また、3年間継続して表示基準に適合していると認められた場合は「表示マーク(金色)」(3年間有効)を交付します。



表示マークの交付を希望される場合、管轄消防署に申請してください。審査の基準に適合した対象物には随時「表示マーク」を交付します。

申請書のダウンロード
表示マーク交付(更新)申請書   




 画像をクリックすると総務省消防庁のページが開きます